経営事項審査,経審

経営事項審査
 経営事項審査(経審)とは、建設企業が発注者から直接、公共性のある建設工事を請け負おうとする場合に必要な、建設業の許可行政庁である国土交通大臣または都道府県知事が行う建設業者の経営に関する事項の審査のことです(建設業法27条の23第1項)。

 公共工事においては、適正な工事施工の確保のために企業に対して一定の資格が要求され、公共工事の入札に参加しようとする企業は、建設業の許可を受けているという要件の他に、技術者(技術力)や財務基礎、工事実績等の要件や資格を満たすことが必要となります。したがって、公共工事の入札参加を希望しない企業は、そもそも経審を受ける必要はありません。

 そして、経審申請の事務の流れは、
@申請者は、経営状況分析審査の申請書を登録経営状況分析機関に行います。
A経営状況分析結果通知書を受け取ります。
B許可行政庁にAの経営状況分析結果通知書を添えて、経営規模等評価の申請を行います。
C許可行政庁は、経営規模等の評価、総合評価を行い、申請者及び発注者に通知する。