建設業許可の申請手続き
 申請手続きにあたり、先ず、自社が申請する「業種」を何にするかを決定することが大切な準備段階となります。
 申請する業種が決まったら、次は申請書及び各種確認資料を都道府県知事に提出する手順になります。
 申請手続きの流れは、以下の通りとなります。

【大臣許可申請】 【知事許可申請】
提     出
申請書などを、主たる営業所の所在地を管轄する都道府県知事に提出する。

提出部数:正本1部、営業所のある都道府県の数の写し、申請者控えなど

尚、申請書類とは別に、各地方整備局が定める確認資料を提出する。
提    出
申請書などを営業所の所在地を管轄する都道府県知事に提出する。

提出部数:正本1部及び副本2部など
手数料収入
新規申請:登録免許税15万円の納入

業種の追加 許可手数料5万円の
または更新:収入印紙添付
申請
手数料収入
新規申請:許可手数料9万円を都道府県証紙添付など

業種の追加 許可手数料5万円の
または更新:都道府県証紙添付
申請
国土交通省各地方整備局などによる申請内容の審査
その都道府県知事による申請内容の審査
国土交通省各地方整備局長による許可の決定、許可通知書の交付 その都道府県知事による許可の決定、許可通知書の交付
お問い合わせ
 
 TOP